大学受験生必見!本当に大丈夫?日本学生機構の奨学金制度!

大学受験
スポンサーリンク

昔に比べて大学進学率が高くなったことは決して悪いことではありません。

 

一方で大学進学や通学に必要な費用を日本学生機構の奨学金に頼るご家庭も少なくありません。

 

今回は、利用者が増加傾向にある日本学生機構の奨学金について説明をしていきます。

 

他の情報にはあまりない内容にも触れているので必要に応じて参考にしてください。

 

 

【日本学生機構の奨学金は気軽に利用するものではない!】

日本学生機構の奨学金を知らない人もいると思います。

 

 

最初に説明をしておきますが、日本学生機構の奨学金は、

一部を除いて「借金」という位置づけになります。

 

 

ここでは、日本学生機構の奨学金の基本と利用に関する注意点を説明していきます。

 

同時に他の教育ローンにも触れておくので比較をしてほしいと思います。

スポンサーリンク

日本学生機構の奨学金制度!奨学金の基本を理解しよう!

日本学生機構の奨学金は、大学以外にも多くの進学先で利用できますが、

 

採用には様々な条件があります。基本的に採用の基準になるのが、

 

家庭の経済状態と学生の成績です。

 

日本学生機構の奨学金は、

 

返済不要の「給付型」と卒業後に返済が必要な「貸与型」があります。

 

「給付型」「貸与型」
返済不要
返済が必要
第一種(無利息)第二種(利息有)入学時特別増額

 

貸与型は、

・「第一種(無利息)」
・「第二種(利息有)」
・「入学時特別増額」

詳細は公式ホームページを閲覧することをオススメしますが、

基本的なことをわかりやすく説明しておきます。

 

 

「給付型」と「第一種」の採用基準は、学生本人の成績と家庭の経済状況が対象になります。

 

 

基本的に収入が多い家庭は学生の成績にかかわらず採用の対象になりません。

 

 

「給付型」に採用された人は「第一種」との併用はできません。

 

 

「第二種」との併用は可能なので状況に応じて利用することになります。

 

 

奨学金の返済は、卒業後または奨学金が打ちきられたときが基準になります。

 

事前に申請をして審査に通れれば、減額や返済時期の先延ばしが可能です。

 

 

その他にも様々な疑問点があると思いますが、詳細は公式ホームページをご覧になるか電話で質問をするのが一番正確です。

奨学金を借りても進学する価値を考えよう!

日本学生機構の奨学金は、給付金型を除いて返済が必要になります。

 

利用額にもよりますが、収入によってかなり厳しい返済予定が予想できます。

 

 

実際に就職難や収入が低いことが理由で、生活が苦しくなる人や返済が難しくなるケースも少なくありません。

 

 

収入が少ない場合は毎月の返済額を減額する申請や先延ばしの申請をすることもできますが、

最終的に生活を圧迫することになります。

 

 

容易に奨学金をすすめる人もいますが、あくまでも自分が背負う「借金」だということを認識してください。

 

 

借金をしても価値のある進学であることを再認識してほしいと思います。

日本学生機構の奨学金以外の教育ローンや奨学金は?

日本学生機構の奨学金は、利用する学生本人が背負う借金です。

 

 

金融機関や国の教育ローンは保護者が背負うことになります。

 

 

金融機関や国の教育ローンは、家庭の経済状態によって採用の決定が決まります。

 

 

難易度的には、高い順に以下の様になります。

都市銀行
地方銀行
信用金庫
信用組合
日本政策金融公庫

これらの方法の審査が難しい場合は、日本学生機構の奨学金を利用することになります。

 

尚、国の教育ローンと学生機構の奨学金は併用可能です。

 

 

 

【奨学金の契約!保証人と機関保証はどちらが良いの?】

日本学生機構の奨学金に採用されると契約時に保証方法を選択することになります。

 

親族から保証人をたてるか、機関保証にするかを決定します。

 

ここでは、保証人と機関保証について説明をしていきます

 

どちらにもメリットとデメリットがあるので参考にしてください。

奨学金の保証制度とは?

日本学生機構の奨学金の保証制度は、

 

連帯保証人と保証人を選任する「人的保証」

 

機関保証に依頼をする「機関保証」があります。

 

「貸与型」
種類第一種(無利息)
第二種(利息有)
返済方法割賦方式所得連動返還方式割賦方式
所得連動返還方式
利用可能保証制度人的保証
機関保証
機関保証人的保証
機関保証

原則的にどちらを選択するかは自由ですが、

 

第一種奨学金の利用者で返済方法が「所得連動返還方式」を選んでいる場合は、機関保証になります。

 

 

保証制度は、返済時に延滞が発生した場合の対応方法になります。

 

 

どちらの保証制度を利用しても延滞をした場合は、法的な対応をうける危険性があります。

奨学金の保証制度!メリットとデメリット

連帯保証人と保証人を必要とする「人的保証」は、

 

奨学金を利用している学生本人が返済できない場合に日本学生機構から連帯保証人に督促と返還を求める請求が発生します。

 

 

連帯保証人も返済が難しい場合は、保証人に同様の流れで請求がいくことになります。

 

 

どの段階においても個人信用情報機関に延滞情報がはいるので各種ローンやクレジットカードの契約に影響が出ます。

 

 

機関保証の場合は、延滞時に保証機関が返済をおこないます。

 

その後保証機関から利用者本人に請求がくることになります。

 

 

この場合も信用情報機関に延滞情報と保証機関の弁済に関する情報が記録されるので、

人的保証のとき以上に信用度が低くなります

 

 

人的保証を利用している場合は、

保証人が死亡したときにこれまでの人的保証分を保証機関に変更する手続きと不足分の請求が発生します。

 

 

返済中の場合も残債に関する金額に対しての保証機関への変更手続きと不足金の支払いが発生するので注意が必要になります。

奨学金の保証制度はどちらを選択するべきか?

奨学金を申し込むときに選択する保証制度は、個々の状況によってどちらを選択するかの判断は難しいと思います。

 

 

手数料を考えると人的保証が理想になります。

 

 

ただし、延滞時に保証人への迷惑や保証人が死亡した場合のことを考えると機関保証を選択するのが無難な考え方だといえます。

 

 

保証制度の利用に関しては、正解はありません。自分や家庭の経済状況と保証人を依頼できる人の有無によって検討することをオススメします。

 

 

 

【奨学金の返済!もしも奨学金が返済できないときの対処方法!】

日本学生機構の奨学金は、卒業後に返済が開始されます

 

返済方法は、申込時に選択をしている

 

「割賦方式」「所得連動返還方式」で返済をおこないます。

 

 

ここでは、奨学金の返済に関する説明をしていきます。

 

奨学金の返済は、決して楽なものではないので事前に将来を考える必要があります。

奨学金の返済方法と繰り上げ返済!

奨学金は「割賦方式」と「所得連動返還方式」の選択している方法で、

 

利用終了後に返済が開始されることになっています。

 

まとめて支払う場合は、別途申請が必要です。

 

割賦方式は、毎月または半年ごとに定額を返済する方法です。

 

所得連動返還方式は、所得に応じて返済をおこなう方法で毎年額が変動します。

割賦方式所得連動返還方式
毎月または半年ごとに定額返済所得に応じた返済方式

収入額が少ない場合は、最低返還月額申請をおこなうことで毎月の返済額を軽減することができます。

 

 

ギリギリまでねばるよりも早めに相談することをオススメします。

 

 

繰り上げ返済をおこなう場合は、インターネットか郵送で申し込みが可能になります。

 

繰り上げ返済の金額や詳細は、直接確認することをオススメします。

収入がなくて奨学金の返済ができない!こんなときはすぐに連絡を!

就職しても収入額が少なければ、生活だけで精一杯になることもあります。

 

このようなときは悩んで放置をせず早急な電話連絡が必要になります。

 

 

奨学金にかかわらず各種ローンなどの返済滞納は問題ですが、

 

事前連絡があるのとないのでは対応が異なります。

 

 

事前に連絡をした場合は、返済の意志があると判断することが多いので毎月の返済額を軽減してくれることも少なくありません。

 

 

日本学生機構の奨学金も事前に相談をすれば、

 

正当な理由がある場合「減額返済」「返還期限猶予」などの対応を認めてくれることが多くなっています。

在学中に奨学金の支給がなくなった場合はどうするの?

在学中に様々な理由で奨学金の支給がなくなった場合も事前に申請をすれば、

卒業後からの返済にすることができます。

 

 

奨学金の支給は、学生個人の成績や家庭の収入状況によって採用の有無が定期的に決定されます。

 

突然の収入増加や生徒の成績不振などによって採用が止まることもあります。

 

 

すぐに返済が可能な状況であれば問題ありませんが、

返済が難しい場合は必ず連絡をして相談をするようにしてください。

【まとめ】

今回は、日本学生機構の奨学金の基本的なことや返済に関する内容を説明しました。

奨学金の返済が難しいときに、一番やってはいけないことは放置です。

支払いが困難なときこそ事前に連絡をすれば、そのときに可能な最善の方法を提案してくれます。

困ったことがあるときは、悩むよりも相談することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました