高校受験!ネット塾のタイプ別比較と選び方のポイント!

高校受験
スポンサーリンク

中学生になると学校の授業部活の両立が難しくなってきます。

 

どちらもおろそかにしてはいけませんが、無理は良い結果につながりません。

 

 

今回は、学習と部活の両立が可能なネット塾を目的別に説明をしていきます。

 

この記事を読んで、自分に最適なネット塾の選び方を参考にしてほしいと思います。

 

 

 

【中学生向けの塾は「ネット塾」と「通塾」のどちらが良いか?】

中学生になると学習と部活の管理を自分でおこなう必要があります。

 

高校受験と学校生活の両立を考えると

 

・「ネット塾」

・「通塾」

 

の選択は重要です。

 

 

ここでは、中学生向けの塾は「ネット塾」と「通塾」のどちらが良いかを考えていきます。

 

事前に自分の生活環境や進路のことを考えて選択する必要があります。

スポンサーリンク

中学生に必須の学習計画と学習習慣を考えよう!

中学生といっても1年生と3年生では、学習に対する時間のかけ方や内容も異なります。

 

まずは、自分自身の学習計画を考えることをオススメします。

 

中学1年生

中学1年生に必要なことは、中学校生活に慣れることと学習習慣をつけることです。

また、できるだけ親御さんを頼らずに学習計画や定期テスト対策の予定をつくる必要があります。

部活動の活動状況によって異なる部分もありますが、自分のペースで定期テスト対策ができるのであればネット塾でも充分対応できます。

 

 

 

中学2年生

中学2年生になると学習面と部活面の双方で充実した時期を迎えることになります。

 

特に3年生の抜けた後は、中心となって部活動を支えていく時期です。

 

部活面に力をいれると学習面での時間確保が難しくなる時期です。

 

難関私立高校や難関公立高校を受験予定の場合は併用型が理想ですが、定期テスト対策はネット塾でも可能だと思います。

 

 

中学3年生

中学3年生になると本格的に高校受験対策を考える必要があります。

 

公立高校受験には内申点を高くするための定期テストも重要です。

 

私立難関校を検討しているのであれば、早い段階からの高校受験対策も必要になります。



このような場合は、通塾ネット塾の併用がおススメです。

ネット塾と通塾の理想は併用だが・・・

中学校生活は、1年生から3年生で部活や受験対策に関する内容は異なります。

 

理由は様々ですが、どちらにしても時間的にゆとりがあるわけではありません。

 

 

通塾とネット塾を比較するとそれぞれにメリットとデメリットがあります。

 

本来オススメする方法は、併用ですが全ての中学生が可能なものではないと思います。

 

 

中学生の学習面でもっとも注意したい点は、苦手科目や単元を極力つくらないことです。

 

 

特に英語数学は、高校に進学してからも中学で習ったことが必要になります。

 

 

苦手な科目や単元をつくらないためにもできるだけ学習の習慣化やふり返り学習の時間を確保する必要があります。

 

 

そのためにもネット塾や通塾が必要です。

通塾?ネット塾?どちらにも必要な紙媒体の問題集!

日常の学校生活や部活動を考えるとネット塾の活用は重要なポイントになります。

 

自分の計画に合わせて活用できるのがネット塾の最大のメリットです。

 

ネット塾の多くは、パソコンをはじめスマートフォンや専用タブレットなどを使用します。

 

インターネット環境を使用する講義や授業は、今後もっとさかんになると思います。

 

 

授業の効率を考えると良い面の目立つネット塾ですが、大きな課題を抱えているのも事実です。

 

 

長期の記憶に必要な「書く」という方法が少なくなっています。

 

 

ネット塾を活用する場合は、紙媒体の問題集を併用することをオススメします。

 

実際に書いて問題を解くスタイルは必ず役立つはずです。

 

 

中学生向けの塾!目的別で選ぶネット塾の考え方

ネット塾を選ぶときは、進学先や現在の状況が重要なポイントになります。

 

数多くのネット塾がありますので、慎重に選択することをオススメします。

 

ここでは、中学生の現状や高校受験を意識したネット塾の選び方を説明していきます。

 

目標によって選び方も異なるので参考にして欲しいと思います。

学校の授業が理解できるようになりたい中学生!

学校の授業がなかなか理解できない人は、できるだけ難易度の低いネット塾で基本をおさえる必要があります。

 

学習習慣をつけるのも重要なポイントです。

 

 

「やる気」がなかなかでない人や授業が殆ど理解できない人は、

 

講師のサポートがある個別指導型のネット塾がオススメです。

 

スタンダードなら、

塾でも自宅でも、オンラインでもバッチリサポート!

やる気を引き出す個別指導塾の【個別指導塾スタンダード】!!

 

 

「やる気」がある人で結果が出ない人はネット塾の中でも

のような基本重視のネット塾がオススメになります。

 

 

定期テストと公立高校受験を考えている中学生!

学校の定期テストの成績公立高校受験を意識している人は、基本的にどのネット塾でも対応しています。

 

自分の偏差値や目標校によって選択する必要があります。

 

一般的にオススメできるのが

になります。

 

定番のネット塾ですが、実績も充分なのでオススメです。

 

 

学校の定期テスト公立高校でも中堅校を目標にしている人は

もオススメです。

 

難関高校向けではありませんが、安定感はあります。

難関私立高校受験を考えている中学生!

難関私立中学校を目標にしている人は、基本的に通塾との併用をオススメします。

 

ネット塾はあくまでもサポート的な使い方が望ましいと思います。

 

水準的に複数のネット塾が該当しますが、

 

サポート的な使い方をするのであればコストパフォーマンスを考えて「スタディサプリ中学講座」が良いかもしれません。

 

 

相性という意味では「進研ゼミ中学講座」も充分対応可能です。

 

 

最終的にふり返りに使いやすいネット塾を選択することをオススメします。

 

 

 

中学生向け!タイプ別で選ぶネット塾の特徴!

中学生向けのネット塾の特徴や選び方のポイントを説明しました。

 

ネット塾の選び方も色々な角度から考える必要があると理解できたと思います。

 

ここでは、当サイトがオススメする中学生向けのネット塾を紹介していきます。

 

実際に選択するときは、無料体験資料請求をオススメします。

スタディサプリ中学講座

「スタディサプリ中学講座」は、映像をみながら授業をすすめるコストパフォーマンス抜群のネット塾です。

 

「スタディサプリ中学講座」特に公立高校を目指す受験生にオススメできます。

 

一般コースでも充分実績のあるネット塾です。

 

 

難関高校受験や講師のサポートが必要な受験生には、

 

個別指導コースもあるのでサポート塾としても充分なネット塾になります。

 

 

進研ゼミ中学講座

進研ゼミ中学講座は、長い期間信頼と実績をつみあげてきたネット塾です。

 

進研ゼミ中学講座は、これまでの良い部分と新しいスタイルの授業を組み合わせた内容になっています。

 

「ハイブリッドスタイル」は、

 

昔からの「筆記中心」のスタイルライブ配信授業などの新しいスタイルの融合が特徴のネット塾です。

 

多くの人にオススメできます。

 

 

進研ゼミ 中学講座:無料体験資料請求

e点ネット塾

e点ネット塾は、基本からしっかり学びたい人向けのネット塾です。

 

ネット塾でありながらサポート面での対応は人気があります。

 

 

一方で難関校を受験する受験生には、少々もの足りない内容になるかもしれません。

 

システム自体はしっかりしているので、中学1年生にもオススメできます。

 

学習塾を探すなら、インターネット自宅学習システムのe点ネット塾

スマイルゼミ

スマイルゼミは、平均的にオススメできるネット塾になります。

 

特に学習習慣をつけたい段階の人にはオススメです。

 

 

基本的に学校の授業や定期テスト対策向けの内容ですが、高校受験対策や上位クラスもあるので難関校にも対応しています。 

 

すらら

すららは、学年の枠を外して考えているシステムが人気のネット塾です。

 

中学校の学習内容をすすめながら、必要に応じて小学校の範囲まで戻ることもできます。

 

 

一番の魅力は、学力や苦手分野の判定をAIがおこなっていることです。

 

 

自分自身で解らない部分が理解できていない人にオススメできるネット塾になります。

 

 

【まとめ】

今回は、中学生向けのネット塾を選ぶときのポイントについて説明しました。

 

ネット塾は、様々な難易度やシステムがあるので慎重に選ぶ必要があります。

 

自分の学校生活に無理がないように選ぶことが最優先です。

 

ネット塾を選択するときは、無料体験や資料請求をして自分との相性を確かめることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました