2021年 高校受験 苦手科目克服にオススメのオンライン塾の選び方!

中学生向け
スポンサーリンク

中学校で学ぶ授業内容は、小学校のときと比べると難易度も進行速度も格段にレベルアップします。

 

特に中学校1年生の段階で苦手科目をつくると後々苦労します。

 

今回は、中学生の苦手科目克服の解決方法を説明していきます。

 

後半では、苦手科目克服にオススメできるオンライン塾を紹介しているので参考にしてください。

 

【中学生の苦手科目を克服する必要性と理由】

中学生になると授業の内容だけでなく部活動との両立が必要になります。

 

特に中学1年生の夏休み以降になると苦手科目をつくってしまう人も少なくありません。

 

ここでは、中学生の苦手科目を克服する必要性について説明をしていきます。

 

中学校の苦手科目が原因で、自分の将来まであきらめる結果になることもあります。

スポンサーリンク

小学生のときと異なる学習の環境と習慣化!

中学生になると小学校のときと学習環境が大きく変わる傾向があります。

 

小学生のときは、親御さんがお子さんの学習に関わることが多いと思います。

 

特に中学受験を意識しているご家庭では、親御さんとお子さんの二人三脚は重要です。

 

学習の習慣化が定着しているお子さんはこの時期に定着していると考えられます。

 

中学生になって授業と部活の両立がはじまると体力的にも精神的にも疲れます。

 

中学1年生の前半は、授業内容も難しくないのでそれなりにできているお子さんが多いはずです。

 

実はここが苦手科目をつくる最初のポイントになります。

 

中学最初の定期テストの結果で油断をしてしまうと後半になってからいつの間にかわからない内容が発生します。

公立高校受験と内申点の関係!

中学校で苦手科目をつくってしまうと中学校生活だけでなく高校受験にも大きな影響があります。

 

特に公立高校の受験を検討している場合は、内申点を考えると対策が必要です。

 

中学の内申点は昔に比べると高校受験の合否判定に対する重要度はさがりましたが、依然として重要な位置づけになっています。

 

公立高校の受験=内申点は重要

 

内申点の多くは、

  • 授業態度
  • 定期テストの結果

が影響します。

 

定期テストで良い結果を出すためには、苦手科目は最小限にとどめておく必要があります。

 

特に

英語数学といった科目は、わからなくなった所まで戻って復習をする必要があります。

 

そのため、できるだけ早い段階で克服しなくてはなりません。

中学生の苦手科目克服は高校受験だけのためではない!

中学生のときに苦手科目をつくると高校受験に影響すると説明しました。

 

高校受験に影響するのは事実ですが、実際は更に大学受験や就職にも影響してきます。

 

「大げさ」と思う人もいると思いますが、中学校の段階で数学が苦手になってしまったお子さんの多くは、高校で文系を選択するケースが多くなると思います。

 

逆に国語が苦手なお子さんは、文系科目を避けることになるので理系にすすむことが多くなるはずです。

 

将来どのような職業に就きたいかは個々の考えがありますが、少なくとも苦手科目が原因で将来の夢をあきらめるのは決して良いことではありません。

 

どちらにしても中学生の段階で苦手科目をつくってしまうのは、マイナスになることばかりです。

 

できるだけ早い段階で克服することをオススメします。

 

 

【中学生に多い苦手科目発生の原因と解決方法!】

中学生の苦手科目発生にも必ず原因と解決方法があります。

 

その発見と解決は、病気と同じで早ければ早いほど解決も容易です。

 

ここでは、中学生の苦手科目発生の原因と解決方法を説明していきます。

 

解決方法の選択肢はひとつではありませんが、可能性の高い方法をオススメします。

間違った塾選びが苦手科目発生の原因??

中学生になると学習塾に通うお子さんが多くなります。

 

通塾すれば、定期テストや高校受験対策は万全になるのでしょうか?

 

確かに通塾の結果が成績や高校受験に役立つケースも多いと思います。

 

一方で、選択した塾との相性によって苦手科目をつくってしまうことも考えられます。

 

中学生向けの塾といっても様々なタイプの塾があります。

 

お子さんの性格や学力に合わせた塾を選択しないと効果が望めないことも少なくありません。

 

特に苦手科目がわかっているお子さんの場合は、できるだけ集団塾よりも個別指導塾を選択するべきです。

 

苦手科目克服には、個別指導の方が向いています。

授業についていけないことが原因の場合

中学生の段階で苦手科目ができる原因に中学校での授業が原因の場合もあります。

 

単純に授業についていけないケースや教師との相性も考えられます。

 

授業についていけない場合は、基礎学力を身につける必要があります。

 

そのような場合は、

 

通塾よりもオンライン塾家庭教師の方が良い結果につながることが期待できます。

 

理想は、通塾(個別指導)とオンライン塾の併用です。

 

オンライン塾は、主に

  • 反復学習
  • ふり返り学習

に利用します。

 

授業についていけないことが原因の場合は、この方法で解決することが期待できます。

 

苦手科目の克服は、できるだけ早く行動する必要があります。

部活動が原因で苦手科目が発生する場合

中学生の苦手科目発生の原因が、部活動と学習の両立の場合があります。

 

この場合は、学習時間の不足やスケジュール面の問題が考えられます。

 

中学生にとって部活動は、中学校生活の中でも重要な位置づけです。

 

全力で取り組むお子さんも多いので、体力面と精神面の疲れが蓄積されます。

 

特に通塾をしている中学生の場合は、スケジュール管理が難しくなることが予想できます。

 

部活動が苦手科目発生の原因になっているケースは、オンライン塾が最適の解決方法になります。

 

多くのオンライン塾は、生徒の学力理解度にあわせて個々の学習スケジュールを作成します。

 

特に反復学習や苦手克服に適しているので、オススメできます。

 

 

【中学生の苦手科目克服にオススメのオンライン塾5選!

中学生の苦手科目を克服するのにオンライン塾がオススメだと説明してきました。

 

その理由は

  • 自由度の高さ
  • 反復学習

に適している環境です。

 

ここでは、特に苦手科目克服にオススメするオンライン塾を5つ紹介します。

 

お子さんの性格や目的に適したオンライン塾選びの参考にしてください。

通信教育の老舗!進研ゼミ

進研ゼミは、通信教育の大手としての信頼と実績があります。

 

難易度も基礎から高校受験対策まで対応可能です。

 

進研ゼミといえば「赤ペン先生」で有名だと思います。

 

タブレットを利用した動画講義でも赤ペン先生は健在です。

 

同時に注目したいのは、テキストを使用した「書く」という昔ながらの学習スタイルも採用している部分です。

 

苦手科目の克服にオススメできる理由はこのスタイルになります。

 

タブレットを利用することで、赤ペン先生の対応が早くすることに成功しました。

 

一方で、書く学習を残していることが老舗ならではの方針になります。

学習の定着と苦手克服!すらら

「すらら」は、学習の習慣化苦手科目の克服基礎力を固めるのにオススメのオンライン塾です。

 

個々の学力に合わせたスケジュール管理が、苦手克服につながります。

 

単純にお子さんの学力にあったスケジュール管理だけでなく、苦手になった単元や原因の発見にも積極的です。

 

学年の垣根を超えて苦手科目克服を目指します。

 

「すらら」のシステムは、学習の習慣化や苦手科目の克服に向いている一方で、高校受験対策としては科目数も3科目なのでオススメできません。

 

苦手科目克服とは直接関係ありませんが、不登校や発達障害のお子さん向けの学習サポートも積極的に取り組んでいる所もオンライン塾として評価できます。

問題に取り組むことで苦手克服!ガクネット

ガクネットは、オンライン塾として評価の高い「e点ネット塾」と運営企業が同じです。

 

ガクネットは、他のオンライン塾と比較すると知名度は高くありません。

 

ガクネットの学習システムの特徴は、理解できるまでの反復学習個々のレベル採用です。

 

1つの単元複数のステップにわけて理解できるまで次のステップにすすめません。

 

理解度が不足していると判断された場合は、学年に関係なく理解できる段階まで戻ることになります。

 

問題を解く制限時間も設定されているので、集中力の維持も可能です。

 

ガクネットの不満点は、他のオンライン塾よりも個別サポートが少ないところです。

 

自分から積極的に取り組めないお子さんは苦戦する危険性があります。

個別指導塾の実績!ネット松蔭塾

ネット松蔭塾は、本来の個人指導型塾の実績を活かしたシステムをオンライン塾でも実現させています。

 

オンライン塾といってもスカイプを利用した個人指導もあります。

 

オンライン塾でも松蔭塾本来のねばり強い指導は、苦手科目克服に最適のシステムです。

 

わかるまで先にすすめないので、基本力を固めることも期待できます。

 

苦手分野は理解できるところまで戻るので、個々の学力によって進行が変わります。

 

わかるまで先にすすまない

・苦手分野は理解するまでくり返す

 

高校受験を視野にいれるのであれば、通塾も視野にいれる必要があります。

 

ネット松蔭塾の問題点は、費用の高さです。

 

オンライン塾は一般的に費用が抑えられていますが、ネット松蔭塾のシステムだとこの価格も仕方がないのかもしれません。

コスパと質の高い授業!スタディサプリ

スタディサプリは、質の高い授業ながら費用も抑えられているところが最大の魅力です。

 

オンライン塾の中でもコストパフォーマンス面では、圧倒的なオンライン塾になります。

 

ふり返り学習ができるシステムなので、苦手科目の克服にも適しています。

 

同時に先取りもできるので、得意科目との「差」をつけることが容易です。

 

個々へのサポートも問題ありません。

 

スケジュール管理やモチベーションの維持もサポート管理されているので、安心できると思います。

 

苦手科目や分野の発見をお子さんか親御さんが発見する必要があるところが欠点です。

 

学校の定期テスト対策にも向いているので、親御さんのサポートもあればオススメできます。

【まとめ】

今回は、中学生向けの苦手科目克服にオススメできるオンライン塾の紹介をしました。

 

中学生で苦手科目をつくってしまうと先々に多くの問題を抱えることになります。

 

苦手科目の克服には、苦手になった単元や原因を明確にする必要があります。

 

オンライン塾を上手く利用すれば、苦手科目克服にも期待できます。

タイトルとURLをコピーしました