小学生の保護者必見!個別指導タイプの塾で苦手な勉強を克服!

中学受験
スポンサーリンク

小学生のお子さんの「勉強嫌い」や「勉強が苦手」などの悩みをもつ親御さんも多いと思います。

 

特に中学受験を考えているご家庭にとっては、焦りもあるのではないでしょうか?

 

今回は、勉強が苦手あるいは勉強が嫌いというお子さん向けに個別指導タイプの塾を紹介したいと考えています。

 

この記事を読んで、塾選びの参考にしてください。

 

【お子さんの勉強嫌いは誰の責任?お子さんを信じてあげよう!】

我が子だけが勉強嫌いだと思っていませんか?

勉強ができる成績の良いお子さんの中にも勉強が嫌いというお子さんは大勢います。

勉強が苦手や勉強が嫌いというのは、お子さんだけの問題ではないこともあります。

まずは、原因を考えてみることをオススメします。

スポンサーリンク

「勉強が苦手」「勉強が嫌い」と決めつけるのはやめよう!

「勉強が苦手」や「勉強が嫌い」というお子さんの多くは、勉強が苦手または嫌いになる原因があります。

 

まずは、お子さんと同じ目線で原因を考えてみてください。

 

一番いけないことは、親御さんの目線でお子さんの「勉強嫌い」や「勉強が苦手」と決めつけてしまうことです。

 

特に苦手な場合は、原因を取り除くことで解決することあります。

 

「勉強嫌い」に関しても嫌いになった理由を追求することで、改善されることが期待できます。

 

そのためにも親御さんがお子さんのことを信じることが大切です。

子供が勉強嫌いになる理由とは?

子供が勉強を嫌いになるには必ず理由が存在します。

 

勉強が嫌いになれば、余計に勉強が苦手になる危険性が高くなります。

 

ここでは、小学生のお子さんが勉強を嫌いになる理由を考えていきます。

あてはまる原因があれば、改善することをオススメします。

 

・学校の授業や塾の授業についていけていますか?

根本的にお子さんが学校の授業についていけないと勉強嫌いになります。

 

当然勉強が苦手という意識もかさなることになるので大変危険な状態です。

 

学校や塾の授業についていけない理由にも、様々な原因が考えられます。

 

お子さんの理解力や性格だけでなく講師や教師との相性もあります。

 

どちらにしても学校や塾の授業についていけないのであれば、対策方法を考える必要があります。

 

対策方法は後ほど説明します。

 

・「勉強しなさい」「もっと頑張りなさい」と言っていませんか?

「勉強しなさい」という言葉をお子さんにかけている親御さんも多いと思います。

 

実はこの言葉は、中学受験でもNGワードに含まれている言葉です。

 

同様に「もっと頑張りなさい」という言葉もNGワードとして知られています。

 

親の「頑張りなさい」という言葉は、思っている以上に重圧になります。

 

「勉強しなさい」や「もっと頑張りなさい」という言葉は、お子さんの勉強に対するモチベーションを下げる原因になります。

 

・同級生や兄弟と比較していませんか?

お子さんが勉強嫌いになる理由のひとつに他人との比較があります。

特に同級生の友人や兄弟と比較されるのを嫌がるお子さんは多いと思います。

 

子供の理解力や成長には個人差があります。

 

それは兄弟でも同じことですので、例え上のお子さんができるものでも「できるのがあたりまえ」と考えてしまわないことが大切です。

 

お子さんが勉強をしないと焦る気持ちがあります。

 

特に中学受験を考えている親御さんであれば、相当なストレスになりますが言葉のかけ方にも工夫をしてください。

勉強嫌いの小学生の対策方法とは?

勉強嫌いになった理由がわかった場合は、対策を考えて嫌いになった理由を取り除く必要があります。

 

「勉強嫌い」と「勉強が苦手」の順に説明していきます。

 

・勉強が嫌いなお子さんの対策方法!

勉強が嫌いなおこさんの場合は、勉強に興味を持ってもらうのが理想です。

どの科目でも良いのでまずは、1科目ずつ試して見ることをオススメします。

 

通塾やオンライン塾を利用する方法もあります。

歴史や理科であれば、マンガや実際に体験をすることも可能です。

 

・勉強が苦手(わからない)お子さんの対策方法!

勉強が苦手(理解できない)場合は、塾や家庭教師を検討する必要があります。

学校の授業が理解できない場合と塾の授業がわからない場合で対応方法が異なります。

 

学校の授業の場合は、オンライン塾や個別指導タイプの塾を利用することをオススメします。

じっくり丁寧に指導してくれる塾を選ぶのがポイントです。

 

塾の授業について行けない場合は、塾を変えることも検討しなくてはなりません。

この場合は、事前に現在通っている塾の問題点を慎重に把握してから新しい塾を探してください。

 

 

【勉強が苦手な小学生向けの塾の選び方のポイント!】

勉強が苦手な小学生に向けの塾を探す場合は、お子さんに適した塾を慎重に探す必要があります。

 

単純に実績や知名度で選ぶのを避けるようにしてください。

 

ここでは、勉強が苦手な小学生向けの塾を選ぶときのポイントを説明していきます。

目的やお子さんの性格によって塾選びも異なるので、注意が必要です。

小学生の塾選びのポイントは?

小学生の塾選びのポイントは、大きく考えて3つの項目から考えるとスムーズに探すことができます。

・「お子さんの学力」

・「通塾の目的」

・「お子さんの性格」

の3つを中心に考えます。

 

・お子さんの学力

お子さんの学力に適した塾を選ぶのは必須ポイントになります。

塾のタイプは通塾でもオンライン塾でも良いですが、お子さんの学習の習慣化も考える必要があります。

勉強嫌いということが前提なので、成績も良くないケースが多いと思います。

まずは学習に興味を持って習慣化を目標に考えるのが理想です。

 

・通塾の目的

通塾の目的も重要です。

・「学習の習慣化」

・「学校の授業についていける学力」

・「中学受験対策」

など様々な目的があると思うので、事前にハッキリさせておくことをオススメします。

同じ通塾でも目的によって選ぶ塾が大きく異なります。

塾の体験授業や説明会などを利用して、塾の方針とご家庭の目的が一致しているところを選択してくだい。

 

・お子さんの性格

お子さんの性格によって適した塾を考える必要があります。

通塾とオンライン塾だけでなく集団タイプ個別タイプなども調べることをオススメします。

集団タイプ

個別タイプ

状況によって通塾やオンライン塾よりも家庭教師の方が、効果が期待できることもあります。

資料請求などを参考に検討してください。

中学受験を検討するなら・・・!

中学受験を検討しているのであれば、最終的に進学塾を利用することをオススメします。

進学塾のサポートでオンライン塾を検討する必要があります。

どちらにしても、はじめは学習の習慣化と基礎学力重視の塾が必要です。

場合によって、家庭教師も視野にいれることをオススメします。

集団指導塾と個別指導塾の選び方のポイント!

通塾を検討するときにもっとも悩むのが集団指導タイプの塾と個別指導タイプの塾です。

集団指導タイプの塾

・個別指導タイプの塾

それぞれの特徴やメリットがありますが、お子さんに適していることが重要になります。

特に性格面や勉強に対する気持ちが問題の場合は、できるだけ個別指導タイプの塾を選ぶ必要があります。

個別指導タイプの塾の方が、個々のペースに合わせてくれる傾向があるのでオススメです。

 

 

【小学生向けの個別指導と家庭教師を紹介!】

最後に小学生向けの個別指導タイプの塾と家庭教師をいくつか紹介しておきます。

ここで紹介する以外にも地域密着型の塾なども多いので探してみてほしいと思います。

 

尚、中学受験を主軸に考えているお子さん向けではない塾も多く含まれています。

基本的に学習の習慣化や基本学力を養う目的の塾になります。

個別指導塾スタンダード

個別指導塾スタンダードは、講師とお子さんの相性を重視した個別指導型の塾です。

 

小学生向けのコースは、学習の習慣化を目的としているご家庭向きになります。

 

:費用(料金)

授業料は、教室によって異なります。

 

:授業の質(講師の質)

授業の内容は、個別で作成されるのでお子さんに適した学習計画で授業をすすめられます。

講師は、お子さんとの相性を重視して決める方針です。

家庭教師のガンバ

家庭教師のガンバは、勉強嫌いの子にオススメと自ら目的をハッキリとさせています。

お子さんの学習意欲を出させる技術を持った講師に期待できるようです。

 

:費用(料金)

1コマ(30分)1,000円
別途 入会金等が必要です

 

:授業の質(講師の質)

児童心理学に基づいた指導方法は、お子さんのやる気向上に適しています。

やる気は、学力向上にも重要ポイントになるので期待ができます。

家庭教師のノーバス

家庭教師のノーバスは、学校の授業レベルから中学受験対策まで幅広い対応が可能です。

お子さんの学習意欲を高くすることも期待できます。

 

:費用(料金)

コースによって異なりますが、明確な料金体制なので安心できます。

 

:授業の質(講師の質)

学習の習慣化から中学受験までコース別で対応しています。

特に中学受験コースの首都圏主要な進学塾との併用コースは、オススメできます。

家庭教師のあすなろ

家庭教師のあすなろは、勉強の苦手なお子さんに適した家庭教師になります。

学習の習慣化と基本学力を向上させることが目的であれば、オススメできます。

 

:費用(料金)

家庭教師としては比較的リーズナブルです。

 

:授業の質(講師の質)

1日10分間の学習を継続っせることを目標にして、学習の習慣化を目指します。

勉強を教えるだけでなく、勉強のやり方を教えてくれるところが魅力です。

中学受験専門のプロ個別指導教室【SS-1】

SS-1は、学習の習慣化よりも中学受験向けの個別指導塾になります。

中学受験を目標に考えているご家庭向けですが、少々利用方法にコツが必要です。

 

:費用(料金)

料金形態が特殊なので、最寄りの教室にお問い合わせすることをオススメします。

 

:授業の質(講師の質)

SS-1を利用する場合は、中学受験を目標にしているお子さんをオススメします。

特に首都圏大手進学塾に通っているお子さんの併用塾として最適です。

松陰塾

松蔭塾は、個別指導の老舗的な存在です。

実績と信頼もオススメの理由ですが、毎日通っても月額が定額制なのも魅力になります。

:費用(料金)

月額制ですが、基本的に毎日通っても同じ費用になります。

※詳細は、教室で直接説明を受けるか資料の請求をオススメします。

 

:授業の質(講師の質)

授業の基本的な考え方に

 

・「わかるところから始める」

・「わかるまで先に進ませない」

・「わかるまで繰り返す」

 

というコンセプトがあります。

 

信頼と実績面は、充分オススメできます。

個別指導スクールIE

個別指導スクールIEの最大の特徴は、生徒ひとりひとりに合わせたカリキュラムを採用しているところです。

中学受験にも対応している個別指導タイプの塾になります。

 

:費用(料金)

お子さんの学力によって差があるようですので、資料請求または直接お問い合わせください。

 

:授業の質(講師の質)

個性診断テストを利用した授業スタイルは、個別の学習計画も理論的になっています。

お子さんの「やる気スイッチ」をいれる指導方法は信頼できます。

【まとめ】

今回は勉強が苦手または勉強が嫌いという小学生向けの対策方法を説明しました。

後半では、いくつかの塾や家庭教師も紹介しているので参考にしてください。

小学生の勉強嫌いには、必ず理由があります。

理由を解決できれば、やる気になるお子さんも多いのであきらめずに対策方法を考えることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました