中学受験の基本知識と理解しておきたいポイントを説明します!

中学受験
スポンサーリンク

中学受験を検討している親御さんは、できるだけ多くの情報を入手しようとします。毎年中学受験の状況は変わりますが、基本的なポイントや大きな変化はありません。

今回は、中学受験に関する基本的な知識と理解しておきたいポイントをわかりやすく説明していきます。この記事を読んで、お子さんにとって最適の進路を決める参考にしてください。

 

【中学受験のメリットとデメリットを理解しよう!】

中学受験を考える親御さんが明確にしなければならないことは、お子さんが中学受験をする目的です。同級生の影響というのは、あまり好ましくありません。

ここでは、中学受験をおこなううえで考えられるメリットとデメリットについて説明をしていきます。基本的なことですが、とても重要なことです。

スポンサーリンク

中学受験を経験することで得られるメリットとは?

中学受験を経験することで得られるメリットはたくさんありますが、代表的なことをいくつか説明します。親御さんのサポートが、必要になることは大前提です。

 

・お子さんに適した教育を受けられる

私立中学校を受験するときに重要なことは、学校の教育理念や校風です。もちろん進学実績や部活動の活躍も選択理由になります。

教育面に関しても学校によって力をいれる方向性が違いますし、お子さんの個性を重要視する教育理念の中学校もあります。

近年は、公立中高一貫校も校風の違いがあります。お子さんに適した環境で教育を受けられるのは、中学受験をするメリットになります。

 

・大学受験や将来の進路に向けた準備ができる

私立中高一貫校には、大学附属校と進学校があります。準大学附属校もありますが、大きくわけると併設大学への進学率が高い学校と大学受験を基本に考える学校になります。

併設大学への進学率が高い私立校の多くは、中高6年間ゆとりを持って利用することができます。お子さんの好きなことを、おこなう時間がとりやすくなるのも魅力です。

進学校は、難関国公立を目指す学校もあれば、入学時は中堅校といわれている学校の中にも大学は難関校に合格実績がある中学もあります。

 

・大学受験や将来の進路に向けた準備ができる

私立中高一貫校には、大学附属校と進学校があります。準大学附属校もありますが、大きくわけると併設大学への進学率が高い学校と大学受験を基本に考える学校になります。

併設大学への進学率が高い私立校の多くは、中高6年間ゆとりを持って利用することができます。お子さんの好きなことを、おこなう時間がとりやすくなるのも魅力です。

進学校は、難関国公立を目指す学校もあれば、入学時は中堅校といわれている学校の中にも大学は難関校に合格実績がある中学もあります。

 

・合否に関わらず中学受験で得られる経験

中学受験は人生のゴールではありません。合否に関わらず得られる経験は今後の人生で役立つことが多いはずです。

志望校に合格をすれば、目標を達成したときの喜びを知ることができます。仮に不合格や併願校へ進学した場合も、今後の糧になることは間違いありません。

中学受験でつらい思いをしたお子さんが、高校受験や大学受験で志望校に合格することも多くあります。中学受験で経験した悔しさが良い方向に向かうことも少なくありません。

中学受験のデメリットも理解しよう!

メリットが目立つ中学受験ですが、デメリットも当然存在します。進学塾や中学受験を推奨するメディアでは触れないこともあります。

 

・経済的な負担が大きい
親御さんにとって、中学受験で考えられるもっとも大きな負担が経済的な部分です。中学受験をするご家庭の多くは、進学塾をはじめとした受験対策をおこないます。

中学受験だけでも大きな負担になりますが、進学後にかかる授業料や交通費を考えると公立中学校との差は歴然です。もちろん、それだけのメリットもあります。

 

・お子さんの体力と精神力に負担をかける
中学受験を目指すお子さんの多くは、時間的なゆとりがなくなる傾向があります。小学校で学ぶ授業だけでは、中学受験には対応できないのが大きな理由です。

中学受験中のお子さんの体力や精神面はもちろんですが、受験に対するモチベーションの維持はお子さんにとって大きな負担になることが予想できます。

 

・合否に関わらずお子さんのサポートが難しい
中学受験は人生のゴールではありません。従って合否に関わらず親御さんの慎重な対応がお子さんにとって重要なことになります。

第一志望校に合格して気を抜くといつのまにか授業についていけなくなります。不合格の場合も、親御さんのサポート次第で今後に大きな影響がでます。

 

中学受験の必要性は?

中学受験の必要性は、ご家庭の教育理念やお子さんの性格によります。必ずしも必要ではありませんし、お子さんによっては中学受験も良い経験につながります。

中学受験で得られるメリットや考えられるデメリットは、あくまでも参考のひとつに過ぎません。お子さんの性格や将来の夢によっても中学受験の必要性は異なります。

中学受験の必要性の有無は、受験をする目的が明確なことです。本格的に中学受験を目指すのであれば、事前に目的を考えることをオススメします。

 

 

【中学受験の勘違い?最低限理解しておくべき知識!】
中学受験を考えるときに親御さんに最低限理解してほしい知識があります。確かに進学塾やメディアの情報を参考にするのも良いですが、自分で知っていることが一番重要です。

ここでは、中学受験の基本的な知識の中でも重要な部分を説明します。詳細に関しては、時期をみて記事にしていきたいと考えています。

志望校選びのポイント!偏差値と教育理念??

志望校を選ぶときに一番考えなくてはならないのが、お子さんの性格と中学校の相性です。私立中学校は個性的な学習理念を基本に教育をしているので、お子さんに適していることが重要になります。

従って中学校を選ぶときに単純に上位校から受験校を選ぶのは正しい選択方法ではありません。特に大学附属校と進学校の双方を受験するのはオススメしません。

中学受験の第一志望校は、お子さんと相談をして偏差値に関係なく最も進学したい中学校を受験することをオススメします。

併願校を選ぶときは、第一志望に近い校風の中学校を受験するのが基本になります。偏差値を意識するのはこのときに参考資料として活用するのが理想です。

偏差値50は小学6年生の真ん中なの?

中学受験で合格をした中学校の偏差値50未満だとあまり良いイメージをもたない方も少なくないのが本音です。私立中学校の偏差値の50は、決して学力が低いわけではありません。

中学受験の偏差値50は、高校や大学に比べると比較している母体が異なります。受験をしないお子さんを除いた数値なので、全体的に見ると真ん中よりも上位になるのが一般的です。

また、中学受験の模試によって同じ偏差値50でも評価は異なります。難易度の高い模試であれば、受験者のレベルも高くなるのが基本です。

中学受験で採用している偏差値は、高校受験や大学受験と異なることを理解してください。志望校選びのときは、参考程度に考えることをオススメします。

大学附属校に合格すれば大学までの進路は確実なの?

大学附属校と呼ばれる中高一貫校の魅力は、大学受験をしないで併設の大学へ進学できることです。確かに全てではありませんが、併設大学への進学率が高いのは事実です。

一方で、大学附属校の中でもほぼ進学校と言っても良い一貫校も存在します。このようなスタイルの学校は、進学校とさほど変わらない大学受験対策をおこなっています。

また同じ系列の大学附属校でも併設大学への進学率は異なります。大学附属校にも様々な進路形態があるので、学校説明会やホームページなどで確認することをオススメします。

 

【中学受験を控える保護者と受験生が知っておきたい疑問と回答】

中学受験を初めて経験する親御さんや受験生は、様々なことで悩んでいることと思います。大切な進路ですから考えることが多いのは当然のことです。

ここでは、中学受験生を持つ親御さんが疑問に思う基本的な内容に関する回答を掲載しておきます。回答に関しては賛否両論があると思いますので、参考程度に理解してほしいと思います。

中学受験は2科目受験と4科目受験どちらがオススメ?

中学受験の受験科目数に関しての悩みは、成績が伸び悩む時期や学習量が多くなる時期に多くある悩みです。結論から言えば、4科目受験がオススメになります。

一見、2科目受験の方が受験生の負担がかるくなるように思われますが、実際にはさほど変わらないと言われています。特に早い段階で2科目に決めるのは得策ではありません。

中高一貫校!私立と公立どちらがオススメなの?

以前の公立中高一貫校は、大学受験に対する面で私学に劣っていました。現在は公立中高一貫校も充分な対策をしているので、お子さん次第で充分に対応可能です。

校風や教育理念という意味での個性は私学の方が特徴的といえます。最終的にお子さんが通いたいと思う学校が理想ですが、費用面はあきらかに私学の方が高くなります。

私立中高一貫校に進学すれば塾は必要ないの?

私立中高一貫校に進学すると多くの生徒は併設の高校に進学します。学校によって、一部の生徒は他の高校への受験をすることもあります。

中学校の段階で塾が必要になるかは、お子さん次第というのが本音です。高校生になると大学受験をする生徒は塾を利用することもあるので、必要がないというわけではありません。

中学受験に通塾は必須なの?オンライン塾で中学受験は可能か?

中学受験の通塾は、志望校によって異なると考えています。もちろんオンライン塾や通信教育でも合格は可能ですが、難関校になると進学塾の力が必要になることが多いようです。

中堅校を目指すお子さんに関しても、絶対に通塾が必要だとはいえません。通塾とオンライン塾に関しては、併用やお子さんの性格によって慎重な判断が必要になります。

中学受験の必要性?親としてどうするのが最適なのか?

中学受験の必要性に関してのこたえは、各家庭の教育方針やお子さん自身の希望も大切になります。中学受験が必ず良い経験になるとは言えません、良い方向に向かうことも多いのも事実です。

中学受験で一番問題になるのは、親子で意見が反対方向に向いているときです。進路に関しては、お子さんの意見も充分に聞いたうえで解決することをオススメします。

【まとめ】

今回は中学受験の基本知識をはじめメリットやデメリットの説明をしました。中学受験は合否に関わらず良い経験になることが期待できます。

中学受験は受験生であるお子さんが主役ですが、親御さんのサポート次第で結果も大きく変わります。自分のお子さんに適した進路を一緒に考えることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました