中学受験!苦手科目克服にオススメするオンライン塾の選び方!

中学受験
スポンサーリンク

中学受験を考える小学生にとって苦手科目の克服は必須条件になります。

 

科目数の少ない中学受験もありますが、小学生の時期はできるだけ苦手科目の克服を目指したいものです。

 

今回は、小学生の苦手科目克服にオススメするオンライン塾の選び方を説明していきます。

 

この記事を読んでお子さんに適したオンライン塾を選ぶ参考にしてほしいと思います。

 

 

【小学生の苦手科目を克服するのにオススメの塾選びとは?】

小学生で学ぶ科目の多くは、中学校や高校に進学してから習う科目の基本となる部分です。

 

特に算数などは、苦手意識が強くなると大学受験まで響いてしまいます。

 

大学受験で苦手科目を避けて大学や学部を選ぶ受験生がいますが、小学生にオススメできることではありません。

 

苦手科目を克服する小学生向けの塾選びのポイントを説明していきます。

スポンサーリンク

小学生の苦手科目克服は通塾orオンライン塾のどちらが良いの?

小学生の苦手科目克服に通塾とオンライン塾のどちらが良いかという答えは、基本的に通塾の方が理想的だと思います。

 

もちろん塾によっては不向きのことも考えられます。

 

通塾とオンライン塾を単純に比較すると通塾をオススメするのが無難ですが、選択の仕方やお子さんの性格などを考えると一概にどちらが良いとは言えません。

 

例えば、通塾といっても難関中学校を目指すような進学塾と呼ばれる塾では、苦手克服以前に授業そのものについていけない危険性もあります。

 

オンライン塾も以前は「受験向け」「定期テスト対策」を基本路線にしている塾が殆どでしたが、

 

現在は個性豊かな指導方法で苦手克服や基礎力重視のオンライン塾もあります。

小学生の苦手科目克服は塾の授業形態とお子さんの性格が選び方のポイント!

小学生の苦手科目克服には、塾の授業形態とお子さんの性格が重要なポイントになります。

 

塾の授業形態は事前に調べればわかりますが、お子さんの性格は親御さんの判断が必要です。

 

中学生や高校生になると自分自身で苦手な科目や原因を理解できていることもあるので、市販の参考書や問題集を利用すれば独学で解決できます。

 

小学生の場合は、塾を利用するのが一番安心できる選択肢になります。

 

塾の中でも授業形態が個人指導型の方が、苦手克服に適していると思います。

 

またお子さんの性格や苦手科目の苦手理由によって、根本的に考えを変えることも必要になります。

 

どちらにしても塾選びをしながらお子さんの考え方も聞いてほしいと思います。

小学生の苦手科目克服!オンライン塾で可能なのか?

今回は、小学生の苦手科目を克服するのにどのような塾を選ぶかが主な内容です。

 

理想は通塾の個人指導型だと思いますが、費用面などを考えるとデメリットもあります。

 

ここで注目したいのが、オンライン塾です。

 

確かに通塾と比較すると劣る面があるのも事実ですが、お子さんの性格や学習目的によって良い部分もあります。

 

通塾の個別指導といっても必ずしも講師1人と生徒1人とは限りません。

 

切磋琢磨という意味で1対複数人を選ぶケースもありますが、苦手克服にはオススメしません。

 

小学生の苦手科目を克服する場合は、苦手克服の前に苦手な原因を追及するのが重要です。

 

原因によっては、通塾よりもオンライン塾の方が解決につながることもあります。

 

オンライン塾で苦手科目の克服が可能かと聞かれれば、答えは「可能」と答えます。

 

もちろん通塾が悪いという訳ではありません。

 

 

【小学生の苦手科目克服!本当に苦手なの?別の目線からも考えよう!】

中学生や高校生になると英語や数学が苦手だという学生が少なくありません。

 

多くの場合は、基本部分を充分に理解できていないことが原因だと考えられます。

 

ここでは、小学生の苦手科目克服について違った角度から原因を考えていきます。

 

単純に理解ができないと決めつけないで、慎重に理由を考えてください。

小学生の苦手科目克服!苦手科目の原因を調べよう!

小学生が苦手だと感じる場合には、本当に内容を理解できていないケース別の理由で結果につながらないことがあります。

 

特に後者の場合は、発見も簡単ではありません。

 

算数の苦手なお子さんの中には、計算が苦手なタイプや解き方が理解できないケースもあります。

 

一方で、読解力のなさから問題の意味が理解できないお子さんも少なくありません。

 

また、現在の教育体制の特徴でもある一方通行の学習体制も問題になります。

 

この問題は教育改革で変わることが期待できますが、今すぐという訳ではありません。

 

教わるスタイルだと理解できないことでも、自分から興味を持って取り組む学習だと成果が期待できます。

 

つまり内容よりも方法を根本から変えることになります。

学習コーチングサービスの利用と特徴!

学習方法を変えることは、簡単そうでなかなか難しいのが本音です。

 

自分で目標とそこまでの計画を考えることができれば、苦手科目の克服につながることも期待できます。

 

近年、これまでの教育スタイルよりも自分から学ぶスタイルを身につける方法を指導するサービスがあります。

 

簡単に説明すると、学習の取り組み方を教えてくれるサービスです。

 

自分から興味を持って学ぶことが重要なことは、趣味や得意科目の成果を考えればわかると思います。

 

苦手意識のある科目も自ら学ぶ姿勢を習慣にすることがポイントになります。

 

自ら意欲的に学ぶスタイルは、将来の高校受験や大学受験だけでなく資格取得などの対策でも力を発揮します。

 

「勉強のやり方」を理解するのも苦手克服のひとつの考え方です。

苦手科目も克服できれば得意科目になる!

苦手科目があるお子さんは、苦手科目から逃げてしまう傾向があります。

 

克服をしなければ、状況は悪くなる一方です。

 

苦手科目の克服で一番大事なことは、苦手になっている原因を追求することです。

 

苦手科目がどうして苦手なのかを発見できれば、克服方法も考えられます。

 

学習内容そのものであれば、塾や学校で克服することが基本です。

 

それ以外の原因で克服方法がわからないときは、学習方法を変えてみることをオススメします。

 

苦手科目への取り組み方を変えれば、自ら興味を持つことが期待できます。

 

小学生の学習面の目標は、自ら学習に取り組む姿勢を習慣化させることです。

 

自ら取り組むことで苦手意識をつけないようにすれば、得意とまではいかなくても苦手科目になることを防ぐことができるはずです。

 

 

【小学生向け!苦手科目克服にオススメのオンライン塾3選!】

小学生の苦手科目克服は通塾をもちろんですが、オンライン塾でも充分対応が可能なケースもあります。

 

学習スタイルが変更できたお子さんであれば、更に期待できます。

 

ここでは、小学生の苦手科目克服にオススメのオンライン塾を3つ紹介しておきます。

 

苦手克服に最適なオンライン塾を厳選しているので参考にしてください。

スタディサプリ

スタディサプリは、数あるオンライン塾の中でも幅広い対応が期待できるのが最大の特徴です。

 

苦手克服から中学受験対策まで可能になっています。

 

自宅で映像を閲覧する映像講義タイプの中で、苦手科目の克服から中学受験対策まで幅広い対応力がスタディサプリの魅力のひとつです。

 

苦手科目の克服や中学受験という視点で考えると通塾を併用することが理想になりますが、授業のわかりやすさは定評があります。

 

 

すらら

「すらら」は、学年という概念を無視した無学年方式が特徴のオンライン塾です。

 

お子さんの学年に関係なく苦手な部分や解らなくなった分野に戻ることができます。

 

「すらら」がオススメできる理由は、苦手な部分の発見と克服に優れている点です。

 

小学生の学習内容でも実際に解らなくなっている学年が現在の学年範囲とは限りません。

 

苦手科目や分野の原因が自分の学年より前に習っている範囲のことも多いので、
「すらら」のAIを利用した個別学習は、苦手克服にオススメできます

 

e点ネット塾Plus

e点ネット塾Plusは、基本的に公立中高一貫校の受験を考えているお子さんに適したオンライン塾です。

 

Webカメラを使用した個別指導型スタイルになります。

 

公立中高一貫受験対策向けにオススメできる理由は、適性検査対策に適しているからです。

 

論述問題や作文に対する添削をおこなっているので、文章能力や理論的な理解の確認にもつながります。

 

Webカメラを使用しているので、オンライン塾といっても家庭教師のような感覚になります。

 

学習に対する姿勢や管理も指導してもらえるので、苦手克服が期待できます。

 

e点ネット塾

【まとめ】

今回は小学生向けの苦手科目克服に適したオンライン塾を紹介しました。

小学生の苦手科目克服には、原因となる部分を明確にする必要があります。

 

小学生で学習する科目や範囲は、中学校や高校だけでなく大学受験にも影響することがあります。

苦手な理由は、お子さんそれぞれ違うので慎重に対応することをオススメします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました