中学受験!私立難関中学校に合格するための考え方やポイントとは?

中学受験
スポンサーリンク

中学受験を考えている受験生や親御さんの中には、

難関校と言われる私立中学校の合格を目標にしていることも少なくありません。

 

 

今回は、私立難関中学校に合格するための考え方やポイントを説明していきます。

 

 

この記事を読んで私立難関中学校を目指す考え方を参考にしてください。

 

 

【私立難関中学校の入学後と学校生活】

私立難関中学校に合格するためには、

 

難易度の高い入試問題が解ける学力が必要です

 

 

学力に関する対策が必要なことは、様々な場所で情報が得られると思います。

 

 

ここでは、入学後の私立難関中学校の特徴や注目したいポイントを説明します。

 

 

事前に理解していると受験対策にも効果が出ると思います。

スポンサーリンク

学習面で弱点のある受験生は厳しい環境!

一般的に中学受験は、

算数を中心に国語・社会・理科の4科目が必須科目になります。

 

中学になると英語を加えた「主要5科目」という言い方が基本です。

 

 

主要5科目の中でも

「英語」

「数学・理科」

「国語・社会」

と得意な科目や苦手な科目が系統ごとにわかれるのも良くあることです。

 

 

私立難関中学校の多くは、主要科目は全ての科目という考え方になります

 

もちろんここに音楽や美術なども含まれます。

 

個々の生徒に得意不得意はあると思いますが、

 

苦手意識のある科目はできるだけなくす必要があります。

自立と社会性を求められる学校生活と人間関係!

私立難関中学校のイメージは、

難関大学を目指すために勉強ばかりしているイメージがあるのではないでしょうか?

 

確かに学習時間は、中学生の平均値よりは多いのかもしれません。

 

 

私立難関中学校が求める人材は、

テストができる生徒よりも自立心や客観的なものの見方ができる生徒です。

 

難関大学合格は、通過点という考え方になります。

 

 

同じ内容の問題を間違えたときも単純に考えるのではなく

 

「なぜ間違えたのか?」

「どのようにすれば次回は正解できるのか?」

 

を自主的に行動できることが重要です。

 

 

私立難関中学校の多くは、無理に学習時間をふやしたりしません。

 

自分から興味を持って、調べた内容に基づいて答えを出すような生徒を育成します。

 

 

社会で通用する人材の育成は、学習面だけで完成するものではありません。

 

日頃の生徒同士や教員との会話が重要だと考えられます。

芸術や体育にも力を入れる私立難関校!

私立難関中学校のイメージは、

難関国公立大学入試を意識した授業内容というイメージがあるかもしれません。

 

確かに一部の私立難関高校は、早いペースで授業をすすめます。

 

 

社会に出てから活躍するための通過点である難関大学の入試対策だけを考えるのであれば、

体育・音楽・美術などの科目に力をいれなくても良いような感じもします。

 

 

私立難関中学校の多くは、体育・音楽・美術に特徴や校風を意識している傾向があります。

 

 

単純に受験に必要な試験科目だけ取り組めば良いという考え方がないことがわかります。

 

 

実際に全国屈指の私立難関中学校として有名な開成ですが、

 

運動会に憧れる受験生もいます。

 

 

また、女子でも雙葉の美術フェリスの音楽憧れて入学を希望する受験生も少なくありません。

 

 

【目指せ!私立難関中学校に合格するためのポイント!】

私立難関中学校の入学後の学校生活がある程度わかると求められている受験生も見えてくると思います。

 

 

実際に私立難関校に合格する受験生は、共通点があると言われています。

 

 

ここでは、難関私立中学校に合格する受験生や家庭の方針などを中心に説明していきます。

 

ここで説明する内容の一致と不一致が必ず合否を決めるわけではないのでご了承ください。

受験をする目的と入学後の目標がある受験生は合格に近づく!

私立難関中学校に合格する受験生の多くが、目標の課程や手段になります。

 

最終目標のような感じの受験生よりも先々のビジョンを考えている人が有利です。

 

 

中学入学後は、将来の目標に向けて必要となる大学で学ぶべきものや自分が興味を持った内容を自分自身の力で調べるような生徒が多くなります。

 

 

本文中にある特定の学校の○○に憧れるというのも立派な目標になります。

中学に入学をしてからおこなうことを目標としているから先を見ているといえます。

 

 

この考え方は私立難関中学校だけに必要なことではありません。

どこの中学校を受験するにしても明確な目標が大切です。

親御さんと受験生の距離感が合格に必要な重要ポイント!

次に重要なポイントは、親御さんと受験生の距離感です。

 

言葉で表すのは難しいですがほどよい距離感をたもっている方が良い結果につながります。

 

 

お子さんを信用せずに「勉強しなさい」と言うのはあまり好ましくありません。

 

きれいごとだと思いますが、本人の「やる気スイッチ」がONにならないとどうにもなりません。

 

 

もちろん親御さんの役目は、

サポートですからお子さんがやる気をだせるようにするのも大事な役目です。

 

その意味でも信用することからはじめてほしいと思います。

 

 

毎回の模試の結果で喜怒哀楽を出すようでは、良いサポートはできません。

 

悪かったときこそ本番に向けてのチャンスだと気持ちを切り替えてサポートをしてください。

模試の結果を客観的に考える受験生は私立難関中学校向き!

進学塾に通うと定期的に塾レベルや全国レベルの模試をおこないます。

 

模試の結果をどのように活かすかが、私立難関中学校に合格する重要なポイントになります。

 

 

模試の結果が良かった場合は、間違えた問題への取り組み方や本当に理解ができている正解なのかを解きなおす姿勢が必要になります。

 

 

模試の結果がわるかった場合も、基本的な考え方は同じです。

 

一番の違いは間違えた原因の追及と改善になります。

 

 

私立難関中学校に合格する受験生の多くは、

模試の結果を客観的に考えることができる特徴があります。

 

この考え方は全ての受験生に共通する必要な考え方だと思います。

 

 

【難関私立中学校合格には進学塾が必須!首都圏オススメの塾!】

現在の中学受験に進学塾の存在は、合否に大きな影響を与えます。

 

塾の選び方で志望校の合否に影響が出るのであれば、良い塾を選ぶ必要があります。

 

 

ここでは、中学受験に必須の進学塾や家庭学習に最適のネット塾の紹介をしていきます

 

 

お子さんの志望校や性格にあう環境を整える参考にしてください。

私立難関中学校合格に通塾は必須!首都圏オススメの進学塾!

首都圏の進学塾で代表的なところは、

「サピックス」

「日能研」

「四谷大塚」

「早稲田アカデミー」

4つが主流になります。

 

単純に私立難関中学校向けという意味で考えるのであれば、

サピックスの実績が高いと言われています。

 

少数精鋭というイメージもありますが、結果もともなっています。

 

残りの中だと日能研が、もっとも万能型といえます。

 

私立難関中学校の合格者も多数輩出していますが、

進学校や大学附属校にも強い特徴があります。

 

四谷大塚は以前ほどテキストに魅力を感じなくなりましたが、

 

指導方法が確立している進学塾なので信頼度は高いと思います。

 

 

早稲田アカデミーは

指導方法が独特なので向き不向きがはっきりわかれるタイプの塾です。

 

お子さんの性格や志望校を基準に考えることをオススメします。

進学塾で習ったことを自宅で復習!今オススメのネット塾!

進学塾で学んだ内容を家庭教師やネット塾で復習する受験生も増えているようです。

 

確かに近年のネット塾の信頼度はかなり高いと思います。

 

 

小学生にオススメできるネット塾は、ある程度単独でも中学受験対策向けのネット塾になります。

「スタディサプリ」

「スマイルゼミ」

「Z会」

3つが人気のネット塾です。

 

「スタディサプリ」の魅力は、

 

コストパフォーマンスの高さです。

 

進学塾にかかる費用を考えるとネット塾は、

 

費用を抑えられれば理想的だといえます。


難関中学校に限って考えると「Z会」も良いですが、

 

机に向かう習慣から考えるのであれば、

 

「スマイルゼミ」などを利用してみるのも悪くないと思います。


 

進学塾の選び方のポイントとは?

難関校に多くの受験生と合格者を輩出している大手進学塾は、

良い部分も多いですが万能というわけではありません。

 

 

進学塾にも私立中学校と同じように

「教育理念」

「独自のカリキュラム」

があります。

 

お子さんの学力や性格と相性が良ければ選択しても良いと思います。

 

 

学力面は、学校の成績や塾のオープンテストなどの結果で判断するのが基本です。

 

 

性格に関しては、集団塾個別塾などの選択もあるので慎重に選ぶことをオススメします。

 

 

自宅学習にネット塾を利用すれば、現状の学力や苦手克服にもつながります。

 

 

現在のネット塾は、親御さんのサポートも適度に必要になるシステムもあるのでオススメです。

【まとめ】

今回は、私立難関中学校に関する説明をしました。

一般的な情報とは違った角度からの内容なので直接受験対策につながるものではありません。

 

難関校に合格する受験生には、共通の特徴があると言われています。

この考え方は難関校に限ったことではないので、全ての受験生に参考にしてほしいと思います。

 

中学受験!ネット塾のタイプ別比較と選び方のポイント!
ネット塾選びを授業形態のタイプ別に説明していきます。ネット塾は、お子さんの性格や中学受験の有無などを考慮した選び方がおすすめです。中学受験を検討している場合は、通塾と併用し効果的な活用を心掛けましょう。
タイトルとURLをコピーしました